チリチリ

加齢で髪の毛がチリチリな時の対策|縮毛矯正は効果ある?

髪のチリチリの対策に縮毛矯正を考えていますか?

私も40代になってから髪のチリチリに悩みはじめ、自分ではどうしようもできず縮毛矯正をしようか悩みました。

私のようにホームケアを諦めて縮毛矯正をする人は多いかと思いますが髪へのダメージが大きいため、おすすめできません。

実際に私は美容師さんに縮毛矯正の相談をしたところ、ダメージの多さについて説明を受けました。

加えて提案してもらったヘアケアの見直しを実践したところ、私の髪はツヤツヤでまとまりが良くなりました。

記事では加齢のくせ毛に縮毛矯正がおすすめできない理由と、髪のチリチリの対策と原因を紹介します。

年齢に応じたホームケアで、チリチリな髪もブローだけでまとまる髪になれますよ!

加齢のくせ毛に縮毛矯正はおすすめできない理由

加齢のくせ毛に縮毛矯正がおすすめできないのは、髪へのダメージが大きいからです。

そもそも40代の髪はダメージに弱く、縮毛矯正でさらにダメージが深刻化します。

そして縮毛矯正による髪へのダメージが大きいのは、施術の工程に理由があります。

縮毛矯正は薬剤で髪を柔らかくした後にアイロンで髪を伸ばし、仕上げに髪を薬剤で固定するという施術です。

こうすることでまっすぐな髪を維持できますが、薬剤に加えて熱のダメージも髪に与えられるので、髪は大ダメージを受けます。

さらに白髪染めによるダメージも加わると、髪はよりチリチリに。

短期間だけ髪をまっすぐにしたいのであれば、縮毛矯正をしてもOKです。

でもずっと続けてしまうと髪へのダメージがどんどん蓄積していくので、おすすめはできません。

髪の毛チリチリの対策

 
チリチリの髪の対策には、乾燥しがちな40代の頭皮と髪に潤いを与えるシャンプーとトリートメントの使用が効果的です。

私は美容師さんからラサーナプレミオールをおすすめしてもらい、使ってみることに。

シャンプーは軽めのテクスチャーでもこもこで軽い泡立ち。

ボリュームの多い私の髪も手が疲れることなく、頭皮までしっかり泡立てることができます。

洗い流すと頭皮がさっぱりした感じで気持ちよく、髪はしっとり。

シャンプーは髪と同じ成分のアミノ酸で出来ているから、汚れだけ取り除き頭皮と髪に潤いをしっかり届けてくれます。

さらに海泥が頭皮の皮脂や汚れをしっかり落としてくれるので、かゆみや乾燥のない健康な頭皮に。

トリートメントは乳液みたいな軽いテクスチャーで、毛先まですっとなじみます。

洗い流すと硬くてパサついていた髪がやわらかくてツヤツヤに。

この仕上がり良さの理由は、潤いの少ない髪に嬉しい保湿成分のコラーゲンが入っているから。

コラーゲンの中でも髪への浸透力が抜群のイソステアロイル加水分解コラーゲンを配合しているので、髪の内部までしっかり補修できます。

洗い流さないトリートメントは濃厚なオイルなのにベタつかず、髪にすぐなじみます。

ドライヤーで乾かすとチリチリだった髪が、ブラシの引っ掛からないツヤツヤな髪になってびっくり。

どうやら洗い流さないトリートメントにも、保湿成分のシュガースクワランが入っているそう。

プレミオールを使い続けると髪のチリチリも気にならなくなり、ブローも楽ちんに。

ホームケアでも髪は変えられることに気づき、ほっとしました!

加齢による髪のチリチリの原因

加齢によって髪がチリチリになるのは、以下2つの原因があります。

毛穴の歪み

加齢で肌の一部である頭皮にもたるみが生じ、たるみによって毛穴が歪みます。

歪んだ毛穴からは歪んでクセのついたチリチリな髪が生えてしまうんです。

エストロゲンの分泌量の低下

女性ホルモンのエストロゲンは、肌や髪に潤いを与えるコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す働きがあります。

エストロゲンの分泌量は40代から急激に低下していき、髪にも潤いが行き届きづらくなります。

そしてツヤのないチリチリな髪が生えてきてしまうんです。

チリチリを直して本来のあなたらしい髪に

記事では加齢のくせ毛に縮毛矯正がおすすめできない理由と、髪のチリチリの原因と対策を紹介しました。

加齢による髪のチリチリの原因は毛穴の歪みとエストロゲンの分泌量の低下です。

諦めて縮毛矯正をする人も多いですが薬剤と熱によるダメージが大きいため、加齢のくせ毛にはおすすめできません。

まずはホームケアを見直して健康な髪を育みましょう。

健康な髪を育むためには、頭皮と髪に潤いを与えるシャンプー、トリートメントが効果的です。

私はラサーナプレミオールを使って、チリチリなくせ毛のまとまりを良くすることができました。

汚れをしっかり落とせるのに保湿成分もたっぷり配合されているので、頭皮と髪が潤います。

髪にダメージを与えずにチリチリを改善したい場合は、ぜひ参考にしてみてください。